静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

診療内容一覧

写真:周産期部門
Photo by LUNA・SOLE

快適で的確な妊婦健診で、母体・胎児の安全管理を行います。

  • 妊娠初期から分娩産褥まで、母体・胎児の安全管理を行います。
  • 当院では、みなさまに安心・安全な出産をおこなって頂けるよう産科セミオープンシステムを取り入れています。
  • Riskが無く、正常な妊娠経過の妊婦さまは、出産近くまで当院の予約システムの短い待ち時間の中で、快適で的確な妊婦健診を受けていただきます。
  • High-Risk妊娠さまを早期に発見し、病診連携により信頼できる基幹病院(周産期母子医療センター)に紹介・母体搬送(maternaltransport)を行っていきます。

経験豊かなスタッフが、妊娠までしっかりとサポートします。

  • 初潮後の排卵周期確立までの卵巣機能不全に関して、積極的に関与し治療します。
  • 不妊治療に関しては、3~6ヶ月毎の治療法のステップアップを試み、各時期に患者さまを含めた検討会を実施します。
  • 当院ではIVFを含む高度生殖医療は実施しません。 高度生殖医療を希望される患者さまには、病診連携の中で私達が信頼し、推薦できる専門施設を紹介していきます。
  • 高度生殖医療に伴うHCG、HMG投与、卵胞チェックなどは、紹介先専門施設からの指示により、当院で行うことも可能です。

がんのかかりつけ医として、患者さまやご家族の方が安心できる環境づくりを提供いたします。

良性腫瘍

  • 良性腫瘍に関しての適切なアドバイスと経過観察を責任持って行います。
  • 術後の経過観察は、病診連携先からの依頼があれば、当院で責任をもって経過観察を行います。

悪性腫瘍

  • 悪性腫瘍に関しては、当院は腫瘍専門医としての診断力を十分に発揮し、正確な術前診断に自信を持って寄与したいと考えています。
  • 他の診療所で発見された婦人科癌に関しても、診診連携の中で紹介していただき、正確な診断を行い、患者さまの精神状態を十分に考慮しつつ、癌告知の初期段階をも行います。
    その後、我々が信頼する子宮広範全摘などの婦人科癌治療を行い得る施設に紹介していきたいと考えています。
    例えば、「高度がん治療機関である静岡がんセンター・国立がんセンター」などに紹介させていただいたとしても、2~3週間の短期入院であれば、患者さま自身、また患者さまのご家族は耐えることのできる入院期間だと考えます。
    その後の化学療法と経過観察を当院でおこなっていくことにより、この地域のがん患者さまの社会復帰にお役に立つことができると思っております。
  • 「がん患者さまが家族の方と地域の人々とふれあいながら、生き生きと生活できる環境づくり」を提供できる、「地域の中の婦人科オンコロジー・クリニック(がんのかかりつけ医)」として成長したいと考えています。
  • 子宮頸がんの前がん状態といわれる異形上皮、さらに上皮内癌に対するリープ手術、円錐切除などは、当院では日帰り手術でおこないます。
  • 子宮頸がんは、Human papilloma virus (HPV) のhigh risk群(type16,18など)の感染が原因といわれています。HPVDNA検査は、前癌状態を見つけるのに子宮頸部細胞診より感度が高く、HPVDNA検査が陰性であれば、癌であるリスクは1/1000になると言われます。
    早期に診断された、上皮内癌や高度前癌病変では、ほぼ100%の治癒率で子宮温存が可能です。
  • 悪性腫瘍の術前あるいは術後の抗がん剤による化学療法を外来通院で行うことが可能です。
    以前の化学療法は病院での長期入院が必要でした。しかし、癌治療の進歩に伴い、長期生存が可能となったがん患者さまが多くなり、がん患者さまのQOL(Quality of Life)を維持(早期社会復帰)していくことが重要な課題です。 早期社会復帰と家族の愛に包まれた生活が、患者さまにとって最高の安らぎの空間になると思います。
    そこで、手術などの集中治療を短期入院で行い、その後の化学療法は外来通院でおこなうこと(外来化学療法)が重要となってきます。
    今では、抗がん剤の副作用対策が充分に解明され、安全に外来がん化学療法が行えるようになりました。
    当院では、「安全で快適な外来がん化学療法を提供する癒しと医療の空間」を設けました。
    アミニティーの高い心のこもった外来がん化学療法が提供できることをお約束いたします。
  • 患者さまが当院での外来通院を強く希望しておられる場合は、当院での外来観察も可能です。
    外来経過中に再発が発見された場合や、入院加療が必要な場合は、われわれが最も信頼する緩和医療のできる病院に紹介いたします。
    対症療法が中心となった患者さまは、聖隷三方原ホスピス、あるいは静岡がんセンターホスピスなどにも紹介いたします。在宅ホスピスは、緩和ケアセンターを包括した在宅ホスピス制度が確立されるように積極的に協力していく方針です。

年代によって違う体の悩み・変化に対し、精神面を含めサポートしていきます。

乳がん検診

日本でも乳がんにかかる女性が増加しています。早期発見が重要です。 当院では触診と超音波装置を駆使して早期発見を目指しています。 マンモグラフィーご希望の方は、病診連携でマンモグラフィーを実施し、複数医師で的確な診断を行います。

>>乳がん検診について

子宮頸がん検診

子宮頸がんは、近年20歳代から30歳代の若年層で急激に増加しています。
“異形成”という、いわゆる前がん状態を経てがん化することが知られており、がんに進行する前の“異形成”の段階を検診(細胞診検査)で見つけることができます。つまり、無症状の時から定期的な検診を受けることで早期発見が可能となります。
特に症状がなくても、20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けることをお勧めします。

>>子宮頸がん検診について

子宮体がん検診

子宮体がんは近年増加傾向にあります。
病状が進行していない早期の段階で出血することが多いため、症状が出たらすぐに検査を行うことで早期発見が可能となります。
不正出血のある人は医師にご相談下さい。

>>子宮体がん検診について

卵巣がん検診

卵巣がんは早期発見・早期治療が難しい病気です。
1年に1回子宮頸がん検診を受ける際に、超音波検査を併用し卵巣の状態をチェックすることをお勧めしています。 また、「骨盤痛、腹部膨満感、不快感、疲労感、頻尿」などの症状が3週間以上続いたら、お気軽にご相談下さい。

>>卵巣がん検診について

当院で接種可能なワクチン

  • HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)
    ガーダシル、サーバリックス

    50,000円(3回接種の合計)

  • MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)

    9,000円

  • HB(B型肝炎)ワクチン

    6,000円

  • 水痘(水ぼうそう)ワクチン

    8,500円

  • ムンプス(おたふくかぜ)ワクチン

    7,500円

  • 肺炎球菌ワクチン(成人用)

    8,000円

  • インフルエンザワクチン

    3,500円

年代によって違う身体の悩み・変化に対し、気になることは何でも相談してください。的確で安心な診療をお約束いたします。

一般婦人科疾患

当院の最も大きな守備範囲の疾患といえます。気になることは何でも相談してください。その過程を重視し、患者さんの意思を尊重した診療を行なうことをお約束します。また、不幸な妊娠(望まない妊娠)の場合、患者さまの気持ちを充分に配慮し、将来を考慮した適切で安全な方法を提案します。

更年期外来

ほてり、動悸、不安、めまい、頭痛、手足の冷えなどの、いわゆる不定愁訴を訴える患者さまに対して、ホルモン療法を主体としたアドバイスを行います。また、ホルモン補充療法のみでなく、抗不安薬や漢方薬を組み合わせ、最適の状態を作り出す努力をいたします。心理的なストレスや軽いうつ状態、神経症などの精神的な問題が背後に隠れている場合は、診診連携により信頼できるメンタルクリニックにご紹介申し上げます。

ホーム > 診察案内 > 診療内容一覧

診察案内