静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

セカンドオピニオンについて

セカンド・オピニオンとは

医療が進歩し、さまざまな治療法が選択できる時代になりました。
その結果、各医師によって患者さんの病気に対する考え方が異なることがあります。また、医師や病院によって、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。そのような状況の中で、セカンド・オピニオンとは、患者さんが、検査や手術などの治療を受けるに当たって主治医以外の医師の意見を求めることを言います。従来は一人の主治医に「すべてを任せる」という考えが一般的でした。しかし、セカンドオピニオンは、複数の専門家の意見を聞くことにより、最適な治療法を患者さん自身が選択していくという、患者さんの基本的な権利を重視する考え方から生まれたものです。それは、主治医を変えることではなく、主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。アメリカでは、すでにあたりまえのことになっています。
セカンド・オピニオンを求める場合の原則は、現在診療を担当していただいている主治医に先ずお話いただいて、他医への診療情報提供書(今までの診療内容の詳細なデーター)を作成してもらう必要があります。この診療情報提供書は非常に重要で、セカンド・オピニオンを求められた医師は、この医療情報をもとに、これまでの治療経過を充分に把握した上で、はじめて患者さんに適切な助言を提案することができるからです。

セカンド・オピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、セカンド・オピニオン外来は一般的には自費診療となります。

時に、診療情報提供書が無い、あるいは前医からの情報が不十分な場合には、再度の診察や、さらなる検査が必要になることがあります。その際は「診療」となりますので、保健診療扱いとなります。

セカンド・オピニオンを求めて家族の方だけが受診されることがありますが、治療を受けられるのは患者さん自身ですので、患者さんの自己決定権を重視し、患者さん本人の受診が必要です。

ドクターショッピングとの違いは

ドクターショッピングとは、ある医療機関での診断結果が芳しくなく、患者さんが受け入れができない時に、「患者さん自身にとって都合の良い診断」を下す医師が現れるまで、新たな医療機関を次々と、あるいは同時に受診することを言います。

患者さん自身にとって、やっと出会った快い診断が必ずしも正しい診断とは限らず、その快い結果のために、治療が遅れ、患者さん自身の健康を阻害したり、寿命を縮めるようでは問題です。
時にセカンド・オピニオンにおいて非常に厳しい診断が下されることもあります。

セカンドオピニオンは患者さんに最善の治療法を、医療者全体で提案していくシステムだとご理解ください。

当院のセカンドオピニオン外来の特徴

  • 原則として、主治医からの診療情報提供書(今までの診療内容の詳細なデーター)をご持参ください。
  • どうしても主治医にセカンドオピニオンの件を話せなかった方、現在の主治医の説明が不足気味で不満・不信感を感じておられる方も当院に受診していただいて結構です。
    当院で再度診察・再検査をおこない、EBM(evidence-based medicine,根拠に基づく医療)による診察結果・医療情報を、判りやすい言葉で、ご納得いただけるよう説明いたします。ただ、患者さんにとって、快い診断でなく、非常に厳しい診断が下されることもあることをご理解ください。
  • 充分な説明時間を考慮し、予約にて診察時間を設定させていただいております。しかし、一般外来が混雑している時は、検査結果説明を含め、他日に再来院していただく場合があります。ご了承ください。
  • 逆に、当院医師からの診療結果・治療法の提案に納得できない、また基幹病院・専門機関の意見を聞いてみたい(他院へのセカンドオピニオン)希望があれば、ご遠慮なくお申し出ください。詳細な診療情報提供書を作成し、希望病院・希望医院にご持参・ご紹介いたします。
  • 尚、当院でのセカンド・オピニオンの料金は自費診療の場合、7500円(診療報酬点数表の初診料、紹介患者加算及び診療情報提供料から算定した額)とさせていただいております。
  • 当院受診時、より多くの医療情報を得るために、当院において再度の診察や、さらなる検査が必要となることがあります。その際は「診療」となりますので、保健診療扱いとさせていただきます。

ホーム > 診察案内 > セカンドオピニオン

診察案内