静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

超音波検査について

安全で体に優しい検査です

写真:超音波検査
Photo by LUNA・SOLE

超音波検査(エコー)は、人の耳では聞こえないくらい高い周波数の音(超音波)を使って、身体の中の状態を調べる検査です。 超音波は、体内で一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があり、これを利用して体内に超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピュータ処理で画像化して診断するのが超音波検査(エコー)です。その性質が対象物に当たり跳ね返ってくる「やまびこ」に似ていることからエコーと呼ばれるようになりました。

超音波検査はX線やCTのように放射線の被曝もなく、とても安全な検査なのです。

体の多くの場所の情報を得ることができます

超音波検査の守備範囲は、産婦人科領域だけではなく、肝臓・胆道・膵臓・腎臓といったお腹の中の臓器全般から、心臓や血管・乳腺・甲状腺など、肺と骨以外ならどこでも検査が可能です。超音波検査は、1回の検査で非常に多くの情報を得ることができます。短時間で効率的に病気の状態を知ることができますので、いわゆる健康診断などのスクリーニング検査から、より精密な検査、そして緊急検査にも対応できます。

さらに人間ドックや企業での集団検診でも大活躍しています。特に最近では腹部だけでなく、乳がん検診に盛んに用いられています。超音波検査による乳がん検診では、痛みもなく、腫瘍の質的な診断にも優れています。

産婦人科検診での検査方法は、腹部にプローブ(超音波を発し、かつその反射波をキャッチする探触子)をあてる「経腹法」と、腟内にプローブを挿入する「経腟法」の2種類の方法があります。

経腹超音波検査

経腹法では、プローブを腹壁上で自由に広範囲に動かせるので、子宮の形態異常や大きな子宮筋腫、卵巣嚢腫などの診断に加えて、腹部全体の臓器(肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱)の観察も可能です。

また、胎児の形や姿勢、動きがはっきりとわかり、妊娠中期~後期の胎児の発育、各臓器の成熟状況、胎盤の位置異常や羊水量の判定も可能です。出生前診断にも役に立ちます。 当院の超音波装置は3D/4D機能を備えておりますので、赤ちゃん(胎児)を立体的な映像としてお見せすることができます。

特に腹痛のある時など、その腹痛の原因がどの臓器によるものか、緊急処置が必要な病態であるのかも把握できます。

3D/4Dエコーとは

3Dエコーとは三次元超音波のことで、胎児を立体的に観察できる画像機能です。4Dエコーとは3Dエコーに時間の要素を加えたもので、立体的に胎児の動きがreal timeの動画として捉えられる技術です。お母さんは胎動で赤ちゃん(胎児)の存在を感じることができますが、3D/4Dエコーにて実際に赤ちゃん(胎児)を視ることで、母子の絆をさらに強く感じることができると思います。

経腟超音波検査

経腟法は子宮、卵巣、卵管までの距離が近いので、より鮮明な子宮や卵巣の観察が可能です。内診に続けて、内診台上で、患者さんに負担のかからないように、可能な限り短時間で行います。

卵巣内の卵胞が確実に観察できるため、排卵のタイミングなど排卵誘発の重要な情報が得られるため、不妊治療中の患者さんには必ず行われる検査です。

妊娠初期(5~6週)には、経腟法で子宮内に胎児が入った胎嚢という小さな袋や、胎児の心拍を確認することにより、正常妊娠と子宮外妊娠や流産との鑑別が可能となります。

3D/4Dエコーとは

超音波診断装置を用いて、乳腺の腫瘤(しこり)の有無と、その腫瘤が良性か悪性かを判断します。良性の乳腺症や嚢胞から、乳がんまで早期に発見することができます。また、当院の超音波診断装置はエラストグラフィーという乳腺の硬さを映像化する機能を有し、触診での指先の感覚を、客観的に映像化することで、がんの診断性能を高めることが可能です。

乳がんの好発年齢である40歳代は、母乳を作る部分いわゆる乳腺が依然として発達している(高濃度乳腺)ため、マンモグラフィーでは病変の描出が困難なことがあります。そのため40歳代の乳がん検診はマンモグラフィーと超音波の併用検診をお薦めします。

超音波検査は乳腺組織濃度に影響されることがないので、乳腺量の多い20代~30代の女性や、マンモグラフィー検査ができない豊胸手術後の患者さんには、超音波検査が威力を発揮します。

当院の超音波検査の特徴

  • 内診が困難な、小児や思春期の女性、性体験の無い女性、お体の不自由な女性や高齢女性に対しては、ストレスの無い腹部超音波にて対応致します。ご遠慮なく御申し出ください。
  • お腹の赤ちゃんの姿を一目見たい人は、どうぞ3D/4Dエコー希望と申し出てください。
    16週から32週頃までが適しています。ただ、赤ちゃんの位置などによっては画像化できないこともありますことをご了承ください。その場合は、お散歩していただいた後や、検査日の変更などにて対応いたしております。
  • 内診のみでは3~4㎝の卵巣腫瘍の検出率が落ちるため、初診時には経腟超音波にて必ず卵巣のチェックを実施いたし、卵巣がんの早期発見に努めております。
  • 子宮内膜が肥厚していないかを必ず確認し、無症状の子宮体がんの早期発見に努めております。
  • 超音波の映像は、リアルタイムに患者様にわかりやすく説明させていただきます。
  • 超音波検査の弱点は、検者(検査を行う人)の経験や知識、またその技術によって結果が大きく左右されてしまうことです。当院では、学会・講習会等に積極的に参加し修練を積んだ専門医が担当し、さらに定期的に検討会を行い、精度の高い超音波診断を提供するよう研鑽しております。

ホーム > 診察案内 > 超音波について

診察案内