静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

外来がん化学療法

外来がん化学療法とは

がん化学療法とは、手術と放射線治療に並ぶがん治療3本柱のひとつであり、抗がん剤を用いた治療のことを意味します。

以前のがん化学療法は、病院での長期入院が必要でしたが、副作用の少ない有効な抗がん剤の出現や、副作用をコントロールする支持療法の進歩により、外来通院で治療を行うことができるようになりました。

婦人科領域のがんに対して有効な化学療法の多くは、この外来投与に適した治療法であり、がん拠点病院の多くが外来通院での治療を行っています。

外来がん化学療法の意義

自宅からの通院治療のため、患者さまの日常生活を最大限に尊重できるというメリットがあります。これまでの日常と変わらない生活、そして家族の愛に包まれた生活が、患者さまにとって最高の安らぎの空間になります。

さらに入院費用が不要となるため医療費の削減にも有効な治療法であると言えます。

当院のがん化学療法の特徴

当院では、「安全で快適な外来がん化学療法を提供する癒しと医療の空間」を設けました。
以下の4つの治療方針を実践することで、がん拠点病院と同じ治療をより快適な環境で受けて頂くことが可能であると考えております。

アミニティーの高い心のこもった外来がん化学療法が提供できることをお約束いたします。

  • 標準的治療の実践
    • 婦人科がん治療ガイドラインに則したレジメン(抗がん剤の種類)の選択
    • クリティカルパス(治療計画書)の導入
  • 安全性の高い治療の実践
    • 医師・看護師の相互チェック体制による薬剤投与量の確認
    • 安全キャビネットを使用した薬剤調整
  • 質の高い治療の実践
    • 快適な個室空間の提供
    • 医療スタッフの積極的な声かけの励行
  • がん拠点病院(聖隷浜松病院、静岡県立静岡がんセンター等)との連携診療
    • 治療の妥当性の検証
    • 緊急時(入院対応が必要な時)のバックアップ

ホーム > 女性のためのトータルサポート > 外来がん化学療法

女性のためのトータルサポート