静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

更年期障害

更年期障害とは

女性は誰しもいつかは閉経します。これは卵巣から出ている女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することで起こる生理的な現象ですが、この閉経を中心とした約10年間、年齢的には45歳ぐらいから55歳ぐらいまでを更年期と呼び、エストロゲン不足から起こってくるいろいろな不快な症状を更年期障害と呼んでいます。

どのような症状?」

症状は多彩であり、ほてり、発汗、動悸、不安、めまい、頭痛、手足の冷え、皮膚のかゆみ・乾燥感などが代表的な症状です。

更年期症状への対応

更年期を迎えた女性のほとんどはこれらの症状を体感しますが、症状が軽い場合は、規則正しい生活、ストレスを溜めない、十分な休息をとるなど日常生活を見直すことや、ストレッチや適度な運動を行うで、十分に乗り切ることができます。
しかし、症状が強く日常生活に支障をきたすような症状に対しては、ホルモン補充療法をはじめとした更年期障害の治療が必要です。
当院では、まず患者さまの訴えを真摯に拝聴し、そのうえでホルモン補充療法を主体とした治療法をアドバイスしております。また、ホルモン補充療法のみでなく、抗不安薬や漢方薬を組み合わせ、最適の状態を作り出すお手伝いを致します。
心理的なストレスや軽いうつ状態、神経症などの精神的な問題が背後に隠れている場合は、信頼できるメンタルクリニックにご紹介致します。
一人で悩まず、まずは受診して頂きお話しをお聞かせ下さい。

詳しくは、女性のライフサイクル『更年期を乗り越えるにはをご参照下さい。

女性のためのトータルサポート