静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

挙児希望(不妊治療)

不妊症とは

避妊をせず、夫婦が普通の性生活を続けると、1年で80%、2年で90%のカップルが妊娠します。しかし残りの10%のカップルはなかなか妊娠に至りません。

日本では、2年間妊娠しなかった場合を、不妊症と定義しています。

不妊症は増えています

近年、女性の社会進出などライフスタイルの変化によって、結婚年齢が高くなり、高齢で妊娠・出産を希望する女性が増えています。しかしながら医学的に妊娠に最も適した年齢は、20代前半と考えられています。その後加齢とともに「卵子の老化」も進み、卵子の質が低下してくるため、40代になると妊娠する率は20代後半の半分以下とも言われています。

また妊娠・出産回数の減少や高齢妊娠の増加により、子宮内膜症にかかる女性が増加してきています。子宮内膜症は、子宮や卵巣に癒着を起こしたり、卵管が閉塞してしまったりするなど、不妊症との関連性が懸念されています。

こうした原因が重なって、"仕事も一段落し、いざ妊娠しようと思ったら不妊症だった"という女性が増えているのです。

赤ちゃんを望むならば、なるべく20代のうちに妊娠する、それは今も昔も変わらない鉄則なのです。

不妊症の原因

約50%は女性に原因があり、男性因子が30~40%、原因不明が10%程度と考えられています。

女性側の原因として、卵巣の働きが弱かったり、卵管の通過性が悪かったり、子宮に問題がある場合などがあります。また男性側の原因としては、精子の数が少ない、精子の運動性が弱いなどがあります。

不妊症は女性だけの問題ではなく、男性の問題でもあるため、的確な治療を行っていくうえで、2人揃って検査を受けることが非常に重要です。

不妊症の検査

  • 基礎体温測定
  • ホルモン検査
  • 甲状腺機能検査
  • 卵管通過性検査
  • クラミジア検査
  • 超音波卵胞計測
  • 精液検査
  • 精子頸管粘液適合試験(フーナーテスト)など

不妊症の検査・治療を始める前に

基礎体温を測定しましょう
排卵の確認や排卵日の予測に役立ちます。受診の際に持参してください。
生活習慣を見直しましょう
規則正しい生活、十分な睡眠、肥満の改善、禁煙、ストレス解消など、生活習慣を見直し改善することで妊娠しやすくなります。 また妊娠成立後の安心・安全な出産のためにも健康管理が非常に重要となります。

当院の不妊治療への対応

35歳を過ぎると妊娠しにくくなるため、35歳以上の女性は6か月~1年間妊娠しない場合には、この段階から不妊症の検査や治療などが開始されるようお勧めします。

  • 年齢、不妊期間や治療歴の有無などを総合的に判断し治療方法を提案します。
  • 3~6ヶ月毎の治療法のステップアップを試み、妊娠成立を目指します。
  • 当院ではIVFを含む高度生殖医療は実施しません。 高度生殖医療を希望されるカップルには、私達が信頼し推薦できる専門施設を紹介していきます。
  • 高度生殖医療に伴うHMG・HCG投与や卵胞チェックなどは、紹介先専門施設からの指示により、当院で行うことも可能です。

ホーム > 女性のためのトータルサポート > 挙児希望(不妊治療)

女性のためのトータルサポート