静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

避妊相談・緊急避妊ピル

OCをご存知ですか

OC(オーシー)(Oral Contraceptives)という言葉を聞いたことがありますか? 女性は次世代の素晴らしい命を産みだす「母性」を持っています。しかし、時に望まない妊娠のために苦悩するのも女性です。

子どもの数や出産の間隔を自分で決めることができ、しかも月経の苦痛から解放される「ライフデザインドラッグ」としての低用量ピル(OC)について解説します。 ピルは本来「錠剤」を意味する言葉ですが、日本では「経口避妊薬」を指し、現在では低用量ピルをOC(オーシー)と呼んでいます。

OCとは

ピルは、繰り返される人工妊娠中絶から女性を救おうと、50年前に開発されました。ピルは排卵や妊娠を維持するための卵胞ホルモンと、黄体ホルモンを含む薬剤です。ピルを服用すると、合成卵胞ホルモンと合成黄体ホルモンの血中濃度が上がり、脳がこの変化を「妊娠している」と錯覚し、排卵を抑制します。これが、ピルを服用すると避妊することができる基本的な原理です。

一錠中に含まれる卵胞ホルモンの量により、高用量(75~150µg/錠)、中用量(50µg/錠)、低用量(50µg未満/錠)の三種類に分けられます。1960年に最初に認可されたものは「高用量ピル」で、副作用の軽減を目指して「中用量ピル」が、そして1970年代にはより安全な「低用量ピル(OC)」が開発されました。
日本では1999年になってようやく認可されました。

OCの効果

OCはコンドームと比較して、女性が主体の避妊法で、飲み忘れがなければほぼ100%の避妊効果が得られ、「毎日が安全日」となります。

子供が欲しくなれば、服用を中止すれば、妊娠が可能になります。

また、OCの規則正しい服用により月経周期が一定となり、低用量のため子宮の内膜が厚くならず、明らかに月経量が減少し、月経痛が緩和されます。さらに血中のホルモン変動が少ないため、月経前緊張症(PMS)と言われる月経前の不愉快な症状(イライラ・抑うつ等)も改善されます。
OCの種類によっては、「にきびが治り」「肌がきれいに」なります。また、仕事や旅行などのスケジュールに合わせOCの服用期間を調節すると、月経開始日を変更することもできます。大学入試や、センター試験で十分な実力を発揮できるように、入試シーズンの数カ月前から、積極的に受験生にOCの服薬指導を行っている女子高校があります。
このように、OCは避妊効果だけでなく、女性のクオリティオブライフ(QOL)を高めることができ、さらに、子宮内膜症の改善、子宮体がんや卵巣がんの予防効果も期待できます。

OCの副作用

OCの服用開始直後に、妊娠初期の「つわり」に似た症状を感じることもありますが、しばらくすると体が慣れ、飲み続けることが可能になります。

OCは副作用が強いのでしょうか。それはピルに限ったことではありません。
例えば、風邪薬の説明書にも必ず副作用について記載されています。そして、そのような症状が現れたら服用を中止し、医師に相談するように書かれています。
OCもそれらの薬と同じだと考えて下さい。もしもOCが危険なものならば、ここまで世界中(約一億人が服用)に普及していません。

ごく稀な重篤な副作用として静脈血栓塞栓症があります。
血栓症は一般的に1万人に1人、OC服用者で3人、妊婦で6人の頻度で起こり、胎盤から大量のホルモンが出ている妊婦さんの方が当然血栓症の危険性が増えてきます。

但し、下記に当てはまる方は十分に医師との相談が必要です。
また、OC服用中の自覚症状として「ふくらはぎ痛」には注意してください。

(1)喫煙:35歳以上で10本以上、20歳代でも20本以上
(2)肥満:BMI30以上
(3)前兆の強い片頭痛
(4)一親等に血栓症がある家族歴を有する人

ライフデザインドラッグ

OCは、自分で自分の体を守ろうとする自律した女性のための「ライフデザインドラッグ」といえます。
「わがままを聞いてくれ、自由な新しい女性像を実現してくれるOC」への理解を深めることにより、新しいヘルスケアの第一歩を踏み出してみませんか。

当院での避妊相談の特徴

  • 年齢に応じた避妊方法を提示させていただきます。
  • 未婚・未産婦の方は、OCを中心に、経産婦の方は患者さんの希望に応じて、OCあるいは子宮内避妊器具(IUD:Intra Uterine Contraceptive Device)の子宮内挿入も実施しております。
  • ご希望の方は、予約制で子宮内避妊システム(IUS : Intrauterine System )(ミレーナ 52mg 」の挿入も可能です。

    参考:子宮内避妊システム(IUS:Intrauterine System)「ミレーナ 52mg」は2007年に国内で承認された黄体ホルモン放出子宮内避妊システムという新しい避妊法です。子宮内に装着し、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)を持続的に放出することにより、子宮内膜に作用し内膜を薄くし、子宮や卵管における精子の通過を阻止して、妊娠の成立を阻害します。 5年間にわたり高い避妊効果を発揮するとともに、過多月経や生理痛等に対しても有効な治療法として注目されています。

緊急避妊とは

緊急避妊とは、避妊をしないでセックスしてしまった、経口避妊薬(OC)を飲み忘れた、
あるいはコンドームが破れてしまったなど、避妊の失敗が起こった場合に、妊娠を避ける手段です。
その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。

緊急避妊ピルとは

緊急避妊ピルとは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を成分とした薬剤です。
2011年2月、レボノルゲストレル製剤(ノルレボ錠®)が「緊急避妊ピル」として日本でも正式に認可され使用可能となりました。
これまでは中用量ピルを用いた方法(ヤッペ法)がとられていましたが、このレボノルゲストレル製剤を用いた方法は「ヤッペ法」に比べ、吐き気、嘔吐などの副作用が少なく、避妊効果も高いことが報告されています。

緊急避妊ピルの服用方法

性交後72時間以内(3日以内)に服用する必要があります。
72時間(3日)が既に経過していた場合には、緊急避妊ピルの効果が低下します。

緊急避妊ピルの効果

月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかによって作用の仕方が異なりますが、一般的には、排卵を抑制する、排卵を遅らせる、あるいは受精を妨げる作用が考えられています。
緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%というわけではありません。正確に使用した場合でもおよそ2%に妊娠を防止できない場合があると言われています。 また、経口避妊薬(OC)を継続的に使用している女性に比べて妊娠率は高くなるため、この方法は経口避妊薬の代用とはなりません。

緊急避妊ピル服用後の注意事項

月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかによって作用の仕方が異なりますが、一般的には、排卵を抑制する、排卵を遅らせる、あるいは受精を妨げる作用が考えられています。
緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%というわけではありません。正確に使用した場合でもおよそ2%に妊娠を防止できない場合があると言われています。 また、経口避妊薬(OC)を継続的に使用している女性に比べて妊娠率は高くなるため、この方法は経口避妊薬の代用とはなりません。

当院の緊急避妊への反応

  • 「緊急避妊ピル」として正式に認可されているレボノルゲストレル剤(ノルレボ錠®)を使用します。このレボノルゲストレル製剤は、吐き気、嘔吐などの副作用が少なく、避妊効果が高いのが特徴です。
  • 「病気」に対する診療ではないため自費診療(15,500円)となります。
  • 緊急避妊法は、性感染症を予防することはできません。性感染症が心配な時は、検査・診断についても説明致します。
  • 緊急避妊後も引き続き避妊希望がある方には、避妊効果の高いOCの定期的な使用をお勧めしています。ぜひご相談下さい。

ホーム > 女性のためのトータルサポート > 避妊相談・緊急避妊ピル

女性のためのトータルサポート