静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

おりもの・かゆみ・性感染症

おりもの

おりもの(帯下)には、生理的な現象による「正常なおりもの」と、炎症や腫瘍などの病気が原因で起こる「異常なおりもの」があります。

帯下は、腟内を常にきれいに保つ作用や、性交渉を円滑に行うことができる作用を持っており、また排卵期には精子の侵入を助け妊娠しやすくする役割をはたしています。このように帯下は病気のない正常な女性にも認められます。

しかし、細菌やウイルスなどの病原体が原因となって感染を生じたり、子宮や腟などの腫瘍が原因となり、正常な時とは異なる色、量、臭いや、出血の混じる、いわゆる病的な帯下が生じてきます。

また、加齢とともに正常な帯下が減り、腟や外陰部に炎症を起こす萎縮性腟外陰炎という状態を引き起こすこともあります。

おりもの(帯下)の原因となる代表的疾患

帯下は、正常な女性でも自覚することがある症状の一つですが、子宮や腟などの異常を最初に知らせるサインとなることがあり十分な注意が必要となります。
帯下の色、量、匂いなどに変化がみられたり、血が混じったりする場合には、様々な病気との関連が考えられるので、早めに受診してください。

  • 感染性炎症疾患
    カンジダ腟症、トリコモナス腟症、細菌性腟症、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、子宮瘤膿腫など
  • 腫瘍性疾患
    子宮頚管ポリープ、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、卵管がん、卵巣がん、腟がんなど

外陰部のかゆみ

お外陰部は非常にデリケートな部位であり、かゆみやかぶれを起こしやすい部分です。

ナプキン、おりものシート、石鹸、下着、性交渉などの外的刺激が原因となり、炎症やかぶれを起こしかゆみの原因となります。

これらの原因に対しては、ナプキンのこまめな交換、おりものシートは使用せず吸収性・通気性のよい下着を身に着けることや、症状がある時は石鹸の使用をさけるなど、なるべく外陰部への刺激を避ける工夫が必要です。

しかし、単なるかぶれ、かゆみではなく、感染性の炎症や腫瘍、また年齢に伴うホルモン低下が原因となる場合もあり注意が必要です。

外陰部のかゆみの原因となる代表的疾患

最近ではクリームや腟錠も市販されていますが、原因となる病気を特定して治療することが非常に重要です。
気になる症状が続く場合は自己判断せず受診されることをお勧めします。

  • 感染性炎症疾患
    性器カンジダ症、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、毛じらみ症、トリコモナス腟症、細菌性腟症など
  • その他
    接触性皮膚炎(ナプキン・おりものシートかぶれ)、萎縮性外陰炎、外陰がんなど

性感染症(STD)とは

性感染症(STD)とは、オーラルセックス(口腔性交)を含む性行為が原因となって、病原体(寄生虫、原虫、細菌、クラミジア、ウイルス等)が感染することによって生じる病気です。

多く見られるSTDは、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス感染症などですが、最近では、B型肝炎やHIV感染がSTDとして注意喚起されています。

STDは早期発見、早期治療が原則であり、コンドームによる感染予防が有効であることが多いのですが、口腔・咽頭、直腸等の性器以外への感染もあるので、注意が必要です。

また、STDの多くは自分自身だけでなく、パートナーとのピンポン感染防止のため、パートナーの治療も同時に行う必要があります。

STDの代表的疾患

性器クラミジア感染症
最も多い性感染症であり、特に若年層の女性に増加しています。
子宮頸管炎、卵管炎、骨盤内腹膜炎(PID)、肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症 候群)などを引き起こし、卵管や腹腔内の炎症がひどくなると不妊症の原因になる場合があります。最近では初交年齢の低下に伴って、10代の女性の感染率の高さが将来の不妊につながるとして危惧されています。
女性では比較的自覚症状の乏しい場合が多く、自覚症状のない感染者がかなりいるものと推測されています。
また、オーラルセックスによる咽頭への感染も少なくないことがわかっています。
治療には抗菌薬(抗生物質)を使用します。内服薬であり、効果も高く、治療自体は比較的簡単ですが、パートナーとのピンポン感染防止のため、パートナーの治療も同時に行うことが非常に重要です。
予防法は、コンドームの使用、オーラルセックスを避けるなどです。
淋菌感染症
淋菌感染症は、一時減少傾向にありましたが、近年再度増加傾向にあり、20歳代を中心とした若年層に増えてきています。
またクラミジア感染を同時に伴っている場合も少なくありません。
男性が感染すると淋菌性尿道炎を発症し、尿道から膿が出たり、排尿時に疼痛を生ずるなど症状を伴うことが多いのですが、一方女性では男性より症状が軽くて自覚されないまま経過します、その後徐々に炎症が広範囲に広がり、骨盤腹膜炎、卵管炎、卵管閉塞による不妊症の原因となる可能性があります。
治療には抗菌剤(抗生物質)を使用しますが、近年、一部の抗菌剤が効きにくい耐性菌が増えており問題となっています。
予防法は、性的接触時にはコンドームを必ず使用することであり、また治療後は必ず淋菌が消失したことを検査で確認することが大切です。
尖圭コンジローマ
ヒトパピローマウイルス(HPV)6型、11型などが原因となる感染症です。
外陰部を中心に、腟、子宮腟部や肛門周囲に、にわとりの鶏冠(とさか)状のイボができる病気であり、自覚症状はイボの自覚、違和感、掻痒感などがあります。
自分の免疫力によって自然消失する場合もありますが、周囲の皮膚への感染波及やパートナーへの感染の危険があります。また、分娩時に産道で赤ちゃんに感染を起こし、喉頭乳頭腫(気道にできる腫瘍)を発症する可能性もあるため治療が必要です。
治療は、外用剤(イミキモドクリーム)の塗布、切除、レーザー蒸散法、電気メスによる焼灼法や液体窒素による凍結法があります。
なお、ヒトパピローマウイルス(HPV)には100種類以上の型があり、尖形コンジロームを引き起こすのは6 、11 型(低リスク型)であり、子宮頚がんの原因となるのは16 、18型など(高リスク型)です。
現在、子宮頸がんの予防ワクチン(HPVワクチン)は2種類あり、そのうちの1種類である『ガーダシル』は、子宮頸がんの原因となるHPV16型と18型の2つの型に加えて、尖圭コンジローマの原因となる6型、11型と、4つの型に対して感染予防効果を持っており、このワクチンの接種が進んでいるオーストラリアでは尖圭コンジローマが劇的に減少してきています。
尖圭コンジローマの予防という観点からも『ガーダシル』は非常に有効なワクチンといえます。
性器ヘルペス
単純 ヘルペスウイルス(HSV)の感染によって、外陰部に水疱(水ぶくれ)や潰瘍ができる病気です。
相手の性器に明らかな病変がある場合だけでなく、無症状でも性器の粘膜や分泌液中にウイルスが存在する場合には感染することがあります。また相手の唾液中や口唇にウイルスが存在する場合には、オーラルセックスによっても感染します。
初感染のときは症状は強く、外陰部の不快感、掻痒感等の症状ののち、発熱、全身倦怠感、リンパ節の腫脹、強い疼痛を伴って、多発性の潰瘍や水疱が出現します。外陰部の痛みがひどく、排尿ができなかったり歩くのも辛くなるなど、入院治療が必要となることもあります。
抗ウイルス剤を服用すれば症状はいったんは消失しますが、HSV は一度感染すると体内に潜伏し、時に再活性化し、繰り返し再発をする場合もあります。
また、妊娠中にHSVに感染し、出産時に外陰部にウイルスが存在すると、新生児が感染し、重篤な新生児ヘルペスを発症し後遺症を残してしまう危険性があり注意が必要です。
予防は、HSV を排出している相手との性的接触を避ける以外に方法はありません。パートナーの性器に病変がある場合はもちろんですが、それ以外にも、口唇に発疹がある場合や口内炎が多発している場合などは注意が必要です。
ウイルス性肝炎
  • B型肝炎ウイルス
    従来B型肝炎ウイルス(HBV)は垂直感染(母子感染)による感染がほとんどでした。しかし、近年欧米型の遺伝子型をもつHBVが性交渉を介して感染し、日本でも若年層を中心に急速に広まってきています。
    この遺伝子型のHBVの感染では慢性化する率が高く、慢性肝炎から肝硬変そして肝がんに至るケースが増えることが予測されており、性感染症としてのB型肝炎感染防止対策が急務とされています。
    現在世界的には、ほとんどの国で子どもたち全員に対して、生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを接種するようなっています。これは、ユニバーサルワクチネーションといい、母子感染(垂直感染)のみならず、父子などからの乳児期の水平感染、性交渉での成人の水平感染を予防することで、感染源の撲滅や肝硬変や肝臓がんなどによる死亡をなくそうとしています。
    今後日本でも、諸外国のように、うまれた子ども全員に対するB型肝炎ワクチン接種が実施されることが期待されています。
  • C型肝炎ウイルス
    C型肝炎ウイルス(HCV)はB型肝炎ウイルス(HBV)と同様に感染者の血液等を介して感染します。
    HBVに比べて感染力が弱いのですが、まれに性交渉の際にも感染の可能性があるといわれています。
    現時点ではB型肝炎のように予防ワクチンは開発されていません。
HIV感染症(AIDS・エイズ)
HIVに感染してもエイズを発症するまでは特に症状がありません。
感染してから数年間という長い年月を経てウイルスが増殖し、免疫細胞が破壊され、体の免疫機能が正常に働かなくなると、健康なときにはかからないような病気(日和見感染症や悪性腫瘍)を引き起こすエイズを発病します。
感染経路は性行為による感染がもっとも多く、全体の約8割程度と言われています。感染者は報告されている人数以外にも、感染に気づいていない人が多数いると推測されるため、今後、全国的に若年層を中心に感染者が広まる可能性が高いと考えられています。
HIVは感染力の弱いウイルスで、学校や職場などの日常生活の中では感染しません。
感染の予防にはコンドームが有効であり、正しく使用することが大切です。
また、近年HIVの活動を抑えてウイルスの増殖を防ぐ治療など、様々な治療方法が開発されていますが、早期発見・早期治療が非常に重要となります。気になることがあれば早めに検査を受けましょう。
その他の性感染症
梅毒、トリコモナス感染症、毛じらみ症など

当院での性感染症(STD)の対応

自分自身の大切な体のため、愛するパートナーのため、そして生まれてくる子供たちのためにも、必要な検査・治療を受けそして未来につながる予防対策を考えていきましょう。

  • 気になっている出来事、症状について詳しくお話しを伺います。
  • 診察にて性器やおりものに異常がないかどうかを判断し、実施すべき検査を検討します。
  • なお、HIVや肝炎ウイルスなど自費での検査となる項目があります。
  • 一番大切なことは、今後同じような悩みを抱えないことであり、コンドームの適切な使用方法や感染予防対策をお話しします。
  • 必要な場合はパートナーの治療相談も行います。

ホーム > 女性のためのトータルサポート > おりもの・かゆみ・性感染症

女性のためのトータルサポート