静岡県浜松市の産婦人科・女性内科の専門クリニック

当院での妊婦検診をご希望の方へ(産科セミオープンシステムについて)

写真:産科セミオープンシステムとは
Photo by LUNA・SOLE

当院は、姉妹クリニックであるわんぱくキッズクリニックとともに、みなさまの妊娠・出産・育児のお手伝いをさせていただきます。
当院では、的確なリスク評価・診断、きめ細かな妊婦指導、3D・4Dエコーなど最新の機器を用いた胎児計測・診断など、総合病院と変わらない周産期管理を行うとともに、クリニックのメリットを生かしたアメニティーの高い健診を心がけています。

また当院ではみなさまに安心・安全な出産をおこなって頂けるよう「産科セミオープンシステム」を取り入れています。

産科セミオープンシステムとは

セミオープンシステムとは、現在の産科医不足や出産施設の減少という社会現象の中で、妊産婦さんにより安全・安心でアミニティーの高い妊婦健診・出産を提供する事を目指す、地域の周産期システムです。

セミオープンシステムにより、「妊婦健診は自宅や職場近くの通いやすい診療所で、出産は高度な設備を持つ総合病院で行う」という妊産婦さんの利便性・安全性が保たれます。

一方、医師間の連携により、マンパワー不足が解消され、各医療機関の特性とメリットを妊産婦さんに提供することが可能となります。

アメリカではこのシステムが主流となっており、今後日本でもさらに普及していく診療スタイルです。

セミオープンシステムのメリット

1.通院に便利

妊産婦さんは、地域の身近な診療所で妊婦健診を受けられるので、通院のしやすさ、診療の待ち時間の短縮などのさまざまな負担が軽くなります。

2.2倍の安心感

総合病院と診療所の双方の医師やスタッフが、安全・安心な出産を目指してチーム医療を行います。妊産婦さんにとっては、複数のかかりつけ医を持つことは、大きな安心感につながります。

3.救急対応が充実

総合病院では診療設備が整っているためより安全なお産が望め、複数の医師が診療を行っているため時間外や緊急時の対応も整っており安心して妊婦生活を過ごすことができます。

4.トータルサポートの実現

クリニックでは妊娠中のさまざまな症状への速やかな対応などきめの細かな診療を行います。さらに出産後の健康管理やがん検診も含めて、妊娠初期から出産後までのトータルサポートが可能になります。

提携病院

  • 聖隷浜松病院
  • 聖隷三方原病院
  • 浜松医科大学医学部附属病院
  • 浜松医療センター
  • JA厚生連遠州病院

希望される分娩施設がお決まりになりましたら当方へ申し出てください。連携病院の受診予約は当方より行いますのでご自身での予約連絡は必要ありません。

ホーム > 女性のためのトータルサポート > 当院での妊婦検診をご希望の方へ(産科セミオープンシステムとは)

女性のためのトータルサポート